1. TOP
  2. 入学式の撮影のコツは?3つのテクニックを紹介!

入学式の撮影のコツは?3つのテクニックを紹介!

 2015/12/07 入学式
  2,663 Views

ここぞとばかりに張り切ってしまうのが子供の入学式

写真撮影はパパに任せとけーと前日から張り切って
カメラのチェックをしているパパも少なくないのではないでしょうか?

そんなパパ必見!

入学式の際にここを押さえておけばいいポイントをお伝えします♡

写真撮影が本当は少し苦手なパパも
これを読めばうまく撮影できること間違いなしです( *´艸`)

 

 

 

スポンサーリンク

 

撮影の場所はどこが良い?

看板と一緒に撮影しよう!

ほぼ100%、学校や幼稚園の校門には入学式の際には

『 平成〇年 〇〇小学校【幼稚園】 入学式【入園式】 』

と書かれた看板があります!

これぞまさしく入学式の証!!

多くの学校では正門の学校名が書かれている場所の横に
この看板があります!

子どもをこの看板の横に立たせて
出来る限り看板の文字と学校名が写るように撮影しましょう(^_-)-☆

この場所で親子で撮影するもの記念としてはとても素敵ですよ♡

 

入学式、式典でのオススメ場所!

入学式に来たなら、式典でもわが子の写真撮りたくありませんか?!

そんな式典の時のオススメ場所は通路側の一番後ろの席です!

なぜならば式典中、子供たちがごちゃごちゃいる中で
撮影をするのは不可能に近いものがあります。

それなら撮影するポイントは入場の時と退場の時!
一番しっかりとわが子を撮影することが出来ます。

通路側であれば子どもが通るので撮影はバッチリ!

さらに一番後ろは入場は先頭で取れて
退場も後ろに座っている人を気にせずに取れるのでかなりのオススメ場所!

 

入学式は一眼レフで撮影!レンズは?

 

 

入学式に備えて一眼レフを用意!という家庭も多いはず!

子どもの晴れ舞台。
綺麗な写真を残したい!という親心。

とてもよく分かります。

そんな中、迷うのがレンズ

一眼レフってレンズがいろいろとあって
どのレンズが一番入学式に最適なのかわからない人も多いと思います。

ズバリ!入学式でオススメのレンズは300mm以上の望遠レンズ

このレンズを用意しておけば式典の際の後方からの写真も綺麗に
撮ることが出来ます。

また、シャッタースピード優先モードにしておくといいでしょう。

F値が、明るければシャッタースピードは速くなります。
シャッタースピードが、1/250以上になるように
ISO感度を高い数値にあげていけば、ブレにくく、
さらに暗くならない写真が撮れます。

 

スポンサーリンク

 

 

撮影は一眼レフとビデオカメラどっちが良い?

 

 

一眼レフビデオカメラどちらで撮影しようか迷いませんか?

ひと昔前は写真はカメラでないと出来なくて
動画はビデオカメラではないと出来なかったですが、
近年では動画も写真もどちらも対応しています

だからこそ、どちらを使うべきか迷いますよね?!

大切な入学式にあなたはどちらを使いますか?

パパとママが二人で入学式に出席する場合だと
二台持っていくことが出来ます( *´艸`)

長時間撮影が必要なビデオカメラはパパがして
カメラはママがすることがよく見られる光景ではないでしょうか?

でも、一人だとどちらも・・・という訳にはなかなかいきません。

だからこそ知りたいのが二つのメリット・デメリット

二つのメリットとデメリットを知り、用途に合わせて使ってみてはいかがでしょうか?

一眼レフ

〇メリット
  • レンズが豊富で自分の作りたい絵が出来る
  • ボカしを活かした撮影が出来る
  • 遠い所でも綺麗に撮影できる
  • CCDやCMOSといった撮像画素が大きい
  • 高画質・高精細な映像
  • 室内や夜間・光の少ない所でも綺麗に撮影できる

 

〇デメリット
  • そもそもが1枚の写真を撮る為に開発されたもの
    ⇒長時間の撮影にはあまり適していない
  • 動画を撮影する場合容量が少なく、大容量になると高価になる
  • 大容量のバッテリーを搭載してるものが少ない
  • 動画を撮影する場合の設定がしっかりしていないと綺麗に撮影できない
    ⇒ホワイトバランス等の設定が難しい
  • 音声記録をする場合、外部マイクが必要になる

 

ビデオカメラ

 

〇メリット
  • 長時間持っていても疲れないデザインになっている
  • 大容量で安価なメモリー
  • バッテリーが長時間対応できる
  • オートの撮影で綺麗にとれるようになっている
  • ブレが少ない
 
 
〇デメリット
  • レンズの交換が出来ない
  • ボケなどを活かした撮影が出来ない
  • マニュアルの設定があいまい
  • フォーカスに一定感がない

 

撮影で注意すべきポイントは?

 

ついつい自分の子どもの姿を追いかけるあまりに周りが見えなくなりがち。。。

だからこそ、確認しておきたい撮影で気を付けたいポイントをまとめてみました。

しっかりと頭に入れて当日撮影に臨みましょう(^_-)-☆

 

  • 入学式の式典の際は立たない 
    周りの人に迷惑をかけないのが撮影の大前提
    自分の席に座ったまま撮影する

 

  • 順番を守ること
    皆さん定番の撮影ポイントでは待っている人がいることも・・・
    看板の前等で撮影するときは待っている人がいないことを確認する

 

  • 撮影するときは周りの景色も考える
    ついつい子どもに目が行きがちで周りの景色をみていないことが・・・
    桜等の風景も少し入れるととてもきれいな写真が出来ます♡

 

  • アップの写真だけでなく全身写真も撮る
    足元から当日はおしゃれしているはず!
    しっかり全身写真を残しましょう(^^♪

 

  • 合間の時間も大切に
    式典が始まる前等、友達と嬉しそうに話をしている子どもの姿がGOOD!
    自然な笑みがたっぷりこぼれています

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の内容はこちら★

  • 撮影の場所はどこが良い?
  • 入学式は一眼レフで撮影!レンズは?
  • 撮影は一眼レフとビデオカメラどっちが良い?
  • 撮影で注意すべきポイントは?

子どもの大切な晴れ舞台
絶対に素敵な写真や映像を残したい!!

その気持ち、本当によくわかります!

私も次の春は子どもの入園式を控えています。
やっぱり素敵な写真を残したいですもんね!

入学式に素敵な撮影ができることを祈っています( *´艸`)

 

Sponsored Links

 

 



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

FLAT SPACEの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FLAT SPACEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

y_tomoko10

y_tomoko10

大学卒業後ウェディングプランナーとして勤務。
その後大学で得た、知識を使いたいと考え、
社会福祉士として転職。

結婚・妊娠を機に退社。
現在はイヤイヤ期真っ最中のわがまま娘の
ママとして毎日奮闘中!!